丁寧に生きるということ

ここ3年ほどでしょうか。毎年の新年の抱負は「丁寧に生きる。丁寧な生活」です。。。。汗

年末になると、だいたい9月頃くらいからその思いは強くなり、しかしながらあまり変わっていないという。なかなか、日常のパターンとか生活スタイルって変えられないという。難しいですね、、、。

そんなことを考えていたら、マイエジプトジャパン自由が丘店のお客様に「手作りの梅干し」をいただきました。

「ルクソールに行ったら、こういう味が食べたくなるかと思って。どうぞ」って。しかも、多すぎず、小さな可愛い瓶で。それも重たくならないようにと、気を使ってくださったのがわかる感じで嬉しかったです。

この梅干しで「目が醒めた」感じがしました 笑。

この梅干しを作った方は、私より全然忙しくて、お仕事いっぱいなはず。でも、こうやって、丁寧に手作りしてわざわざ持ってきてくださる、時間の余白もちゃんと作られているんだ〜。素敵だなーって。

あーーー、私は忙しいとか、一人だからとか言いわけで、お料理もほとんどしない。丁寧に生きたいと言いながら、使おうとしてた糠さえ見てみないふりして棚にしまい込んで使っていない。作らないけど食べたいからって、ぬか漬けは今年に入って、何回東京のスーパーで買っただろう。

東京の生活って、時間がとても早く感じて、その早さを手助けしてくれるかのような便利なスーパーやコンビニや、外食できる場所が何時まででもOPENしていて。丁寧に生きたいと思っている私を反対方向にに引っ張っていく環境が整いすぎてるのです。ありがたいけど、いくらでもレイジー(怠け者)になっちゃう。

その反対で、私はエジプトのカルナックに着いたらそこには何も無い。。。。コンビニも、食べたい外食も何も無い、便利なお弁当もない。何なら、日本食は醤油以外、見たことない!!中華料理だってない。

もしかしたらエジプトは、こんな私に丁寧な生活を強制的にさせてくれる絶好の場所なのかもしれない。写真はカルナックの庭から。何もない場所だけど、ナイル川があります 笑。

そうだ。9月からのエジプト滞在は梅干しは作れないけど、ピクルスや貯蔵食品を作ってみよう。たっぷり時間もあるじゃない、私は!!今流行のタマネギ麹とかも作ってみよう。スパイス料理も挑戦しよう!

エジプトのカルナックこそ、人々は外食なんぞ皆無で丁寧に生きているじゃない!。チキンも飼育して、卵も産んでもらって。畑もあって。パンだって手作りじゃないっ!て改めて色々感じた昨日でした。

何もないけど、作り出せる材料と環境はもしかしたらピカイチかもしれない!!意識が変わると見える景色も変わるーーー。カルナックの田舎は最高ってなる!!笑

梅干で改めて気づきがあった、乙女座シーズンの夜。私も9月生まれの乙女座です。

丁寧に、きっちりと生きたくなるシーズンかもしれませんね。

乙女座のオイル、今月は使い込もうと思います。

乙女座のオイルはこちらから

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。